鶏むね肉でコレステロール対策

鶏むね肉でコレステロール対策

 

健康のためにいろいろと気を付けています。

 

まず、食生活です。

 

野菜を多く摂るようにしています。

 

朝は必ずブロッコリーと納豆を食べます。

 

また、最近はタンパク質も必要だと聞きました。

 

野菜を多く摂ろうとする方は多いのですが、タンパク質はよく

忘れられているようです。

 

長寿の方の話を聞いても、肉が好きという方が非常に多く感じます。

 

健康に良さそうな肉というと、低カロリー高たんぱくの、ささみや胸肉、

豚のヒレなどです。

 

特に胸肉は、お値段も安いので、最近新しいレシピをたくさん探して

作るようになりました。

 

例えば、鶏むね肉のクリーム煮です。

 

これは、低脂肪のホイップで作ります。

 

この作り方は、まず鶏むね肉に塩とコショーと小麦粉を

ふります。

 

それを両面色よく焼いて、取り出します。

 

次に玉ねぎの薄切りとしめじをいため、低脂肪のホイップを一パックを

入れます。

 

牛乳でときのばし、塩、コショーで調味して、胸肉を戻し入れたら、

できあがりです。

 

胸肉はぱさぱさしがちなので、少し油を多めにしたりするとおいしく

食べることができます。

 

私の母がコレステロールを下げないといけない病気なのですが、

このような食生活を続けていたところ、すっかりコレステロールが下がりました。

 

主人と歯医者に

 

ようやく主人を歯医者に連れて行ける日がきました。

 

・・・というのも、まずは子どもたちの虫歯からということで

(私には逃げているだけのようにみえましたけど)

歯医者まで送ってはくれるのですが、終わるまで駐車場で毎回待機しています。

 

子どもたちの虫歯は乳歯と言うこともあり、ひどいものではありませんので、

2・3回で終了しました。

 

行く度に『パパも歯のクリーニングだけするといいじゃない』と誘うのですが、

頑なに断られ続けました。

 

子どもの虫歯の治療が終わっても、本人は一向に治療を受ける気配がなく、

いつもはぐらかされていました。

 

歯医者を勧めはじめて2年と半年・・・。

 

ある日、氷を噛み砕こうとすると、歯が欠けてしまいました。

 

そこからけっこうしみるというので、歯医者に行こうと誘いかけました。

 

ちょうど子どもの定期の虫歯+口腔チェックの時期でしたので、チャンス!!と

ばかりに無理矢理引っ張っていきました。

 

 

歯医者さんから伝えられた結果は、散々なものでした。

 

まず歯垢がたまりやすい口腔環境にあること、歯に隙間があるので(俗に言う隙っ歯)

虫歯になりやすこと、長年虫歯を放っておいたことで、虫歯が上顎の骨まで侵食する

一歩手前だったこと。。。

 

『まずはしっかり噛めるようになりましょうね』(え?今まではどうしてたの??)
という恐ろしいお言葉をいただき、長い長い治療の道が待っているようです。

 

あと、検診の結果でわかったことなのですが、うちの夫は高血圧でした。

 

だから、いろいろな病院に行き検査や治療をしているのです。

 

運動も取り入れないといけないようなので、コチラのホームページ

白血球が減少する原因は?少ないと健康診断で言われた方必見

を参考にしているところです。

 

かなり役立つ情報ですね♪♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ