40代で子宮筋腫になりました

何となく体がだるくて疲れが抜けない日々が続いていたんです。
自分でも「何かおかしいな」と思ったんだけど、家事や育児とパートの仕事に

忙しくダラダラとほったらかしにしてたのです。

 

すると、どんどん倦怠感や身体のだるさが増して、そのうちに家の階段を

上るだけでも息切れや軽いめまいがしてくるようになりました。

 

さすがに、危険を感じて近所のかかりつけ医に行き「最近、なんだか体がだるいんですけど」と

いうと「貧血じゃないかな?調べてみるね」と言われて血液検査をしました。

 

すると数分後、結果を見て先生が、「明らかに数値が低いよ。女性の場合は婦人病の

可能性もあるから、産婦人科に行ってみるといいよ」と言われました。

 

ちょうど、市の子宮がん検診の問診票もきていたので、「がん検診を受けがてら行ってみよう」と

後日予約を入れました。

 

すると、エコーで子宮の中を見ながら先生が「筋腫ができてるね。結構大きいよ」と

言われびっくりしました。

 

先生に「内科で貧血って言われたんですけど」と話すと「う~ん。この大きさだと生理の

時の出血量も多くなるかもね」と言われて「鉄剤」を処方されました。

 

この鉄剤を飲むようになってから、日に日に体の調子が楽になってきたんです。

 

内心では、「もしかして大きな病気にかかってしまったかもしれない」と恐怖感さえあったんだけど、

子宮筋腫とわかってほっとしました。

 

女性の方で貧血の状態が続いたら一度、婦人科で診てもらうのがおすすめです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ